MENU

~創立70周年記念シンポジウム『共生の未来へ-Leave No One Behind』~

日本女性法律家協会は、創立70周年を迎えるにあたり、2021年6月5日(土)に記念シンポジウム『共生の未来へ-Leave No One Behind』を開催します。
現在、日本社会は、少子高齢化やグローバル化により大きな変化にさらされています。また、捉えにくい格差やマイノリティなどをめぐる社会問題が複雑化しており、司法制度が果たすべき役割も問われています。
このような情勢の中で、誰もが尊重されつつ共生するという世界共通の深いテーマについて、共生の未来の実現のために、法曹や当協会がどのような役割を果たしていくべきかについて、皆さまとご一緒に考え語り合いたいと思います。ぜひ多くの皆さまにご参加いただき、実りあるシンポジウムにしたいと考えております。

【日時】2021年6月5日(土) 13:30~17:00

【会場・定員】オンライン(Zoomを利用したウェビナー)500名

【料金】入場無料/事前登録制

【ご注意】日本女性法律家協会70周年シンポジウムにご登録いただいた方は、ご登録時にご登録いただいたメールアドレスに、「共生の未来へ(女性法律家協会70周年記念事業)確認」との件名で、ご案内メールがNae Iijima <no-reply@zoom.us>とのアドレスから自動発信されています。そのメールが見つからないようでしたら、日本女性法律家協会の70周年記念シンポジウム申込フォーム(↓)から、再度、ご登録の上、ご入室ください。

登録時のメールアドレスと違う端末から入室される場合も、女法協のサイトから再度登録の上、ご入室ください。

*申込状況等によって、募集を締め切る場合があります。また、都合により、内容が変更となる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

 

申込フォーム

日本女性法律家協会会員の方はこちら女法協サイトのページにジャンプします。

会員外の方はこちらZoomのサイトにジャンプします。

 

  • オンライン参加の事前登録後、間もなく登録確認メールがZOOMから、ご登録のメールアドレスへ届きます。当日は登録確認メールに記載のリンクから入室ください。
  • ご提供いただいた個人情報は、日本女性法律家協会のプライバシーポリシーに従い厳重に管理いたします。また、この個人情報に基づき、日本女性法律家協会または日本女性法律家協会が委託した第三者から、シンポジウム等のイベントの開催案内、書籍のご案内その他日本女性法律家協会が有益であると判断する情報をご案内させていただくことがあります。
    なお、個人情報は、統計的に処理・分析し、その結果を個人が特定されないような状態で公表することがあります。
  • 日本女性法律家協会では、本シンポジウムの内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影および録音を行っております。撮影した写真・映像および録音した内容は、日本女性法律家協会の会員向けの書籍のほか、日本女性法律家協会のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。

 

 

「親子法制の改正に関する中間試案」に対するパブリックコメント(意見書)の提出(2021.4.26)

日本女性法律家協会親子法制研究会において、「親子法制の改正に関する中間試案」に対する意見書の取り纏めを行い、2021年4月26日、パブリックコメント(意見書)の提出を行いました。

意見書においては、「親子関係の成立」に関しましては、現行法に即した中間試案の枠組みとは異なり、「嫡出子・非嫡出子」の区別の廃止を前提に、一元的な規律の提案をしております。

今回は、法制審議会の中間試案に対する意見募集にとどまりますので、今後の法制審議会での検討につきましても注視し、研究会で検討を続けていく予定としております。

意見書全文は ↓ をご覧ください。

民法(親子法制)等の改正に関する中間試案に関する意見書